¡ ビバ・スペイン☆ビバ・マドリード生活!
スペイン・マドリードのとある日本企業で働くOL1年目のブログ。スペインの生活、イベント、旅行、仕事、グルメ、トレンドなど現地発最新情報発信!

■ プロフィール

ちゃっP

Author:ちゃっP
ラテンな道つっぱしりたい!
大学でスペイン語を専攻、大学3年次にメキシコのイベロアメリカーナ大学へ留学。メキシコ人になりたくてしょうがなかったメキシコ大好き人間でしたが、大学卒業後は会社命令でスペインのマドリードへ。マドリードの某日系企業で2年間働きました。今は日本へ帰国、またラテンな道を模索中・・・。

↓勢いあまってメキシコ留学体験本を出版しました↓要チェック☆




■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック




*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

日本へ帰ります!!!!!!!!
日程は3月22日(土)~30日(日)まで!!
みんな遊んでプリーズ!日本へ帰るぜエントリーはコチラ
連絡はメールかmixiかfacebookかここか家電へ!

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | 【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | page top↑
カフェで一息

スペイン l海外情報

紅茶派かコーヒー派といわれれば、スペインは絶対にコーヒー文化である。

cafebombon.jpg

          カフェ・ボンボン
バル(スペイン風バー)で、頼むコーヒーはだいたい一杯1ユーロ~2ユーロ(160円~280円)。
コーヒーで目を覚ましてからスペインの朝は始まる。スペインの夜は長いけれど、朝は早い。8時くらいから
オフィスや学校が動き出す。

ラテンアメリカと関係が強いスペインだけれど、コーヒー豆の輸入先はほとんどがアフリカのよう。そして、なによりも濃い!顔も毛も濃いスペイン人、コーヒーも負けていない。日本から来た友達や出張者がコーヒーを飲んで開口一番にでる文字は”こ!”。でも慣れるとあのクリーミィな味わいがくせになる。


コーヒー大国だけあって、コーヒーの種類もかなり豊富。基本的にはエスプレッソが基本で牛乳の量が変わる。

-カフェ・コン・レチェ(café con leche) エスプレッソ50%、ミルク50%くらい
-コルタード(cortado) 小さなコップの中に入れたエスプレッソに少しミルクを入れる。
-カフェ・ソロ(café solo) エスプレッソ。


上の3つは一番よく飲まれているものでどこのレストランでも、バーでも飲める。日本から初めて来る人だったらカフェ・コン・レチェをお薦めする。これでもかなり濃い。ちなみにスジャータなるものは存在せず、(スペイン人はどんなものかしらないし、大型デパートEl corte inglésのスーパーで細々と売られているのみ。)普通の牛乳を入れる。バーだとコーヒーの機械で暑いエスプレッソをいれ、その後必ず「カリエンテ?オ テンポラーダ??」(Caliente? o temporada??/熱いやつ?常温のやつ?)とミルクの温度を聞かれる。
そして普通のスーパーに売っている牛乳を銀のポットに移し変え、目の前で牛乳をエスプレッソに注いでくれる。

砂糖は大量にいれるのがスペイン人で、カフェ・ソロなんてコップ小さいのに砂糖をじゃかじゃかいれ、糖尿病まっしぐら。それでくいっとカフェ・ソロを飲み干すのがスペインちょい悪セニョール。(人口4400万人のうち600万人が糖尿病だとか)

カフェ・イ・テ(Café y Té)のようなコーヒーショップへ行くとあるのがこういうコーヒー。

-カプチーノ(capuccino) おなじみ
-スイソ  (suizo) スイス風という意味で、ホイップクリームが乗っている
-デスカフェイナード(descafeinado) カフェイン抜き
-ボンボン (bombón) コンデンス・ミルク入り。かなり甘い。
-カフェ・ビエネス(café vienés) ウィーン風という意味で、チョレレートと交ぜ、ホイップクリームが乗っている


地名を間違えると大変なことになります。

-カフェ・イルランデス(café irlandés) アイルランド風という意味でうウィスキー入り。ホイップクリームも乗っている。
-ベイリーズ・カフェ (Bailey's café) ベイリーズというお酒入り。ホイップクリームで飾りつけ。


お酒としてのカテゴリーにあることはあまりなく、いつもデザートか、コーヒーというカテゴリーで普通にメニューに載っている。
(だからスペイン語分かってないとアブナイ。。。)

基本はすべてホットだけれど、夏になると登場するのがコレ。

-カフェ・コン・イエロ(café con hielo) アイス・コーヒー

あつあつのエスプレッソの入ったコーヒーカップと大きい氷が2、3個はいったグラスを渡され、自分でグラスにうつして飲む。(だから結局冷たくないのよね。あんまり。)これはストレートなのがお決まりで、ミルク入りアイスコーヒーは見たことがない。

ちなみに日本では普通のアメリカン・コーヒー。もちろんスペインにもカフェ・アメリカーノ(café americano)として知られるけれど非常に人気がない。アメリカン・コーヒーに慣れている私の父親がスペインでカフェ・アメリカーノを頼んだら、カフェ・コン・レチェの要領でミルクを入れるかわりにお湯をじゃ~といれて出されました。味が薄けりゃいいってもんじゃないのよー!

スタバはスペインに来た当時はこんな薄いコーヒー誰も飲めないんじゃないか!!??と心配されていたらしいけれど、今じゃ大人気。マドリードの町そこら中にあるし、いつも列が出来ている。フラペチーノのトールサイズが4.5ユーロくらいなので、720円くらい?高い!高い!しかし、あの大きさとオサレな感じが人気みたいです。

スポンサーサイト

japonesiito
さすがちゃっぴ。文章上から下まで『うんうん、そうそう。』頷きまくり笑
スペインちょい悪セニョール目指したいけど、カフェソロはまだ苦くてきついなー!!ベイリーズはうまい!スタバの異常な人気も値段に比べて理解不明。フラペチーノに自分達でいっぱい甘いのトッピングして飲んでるから、やっぱ甘党文化だよねー笑あっ美味しいカフェ知ってるよ、anda vamooo!!!!
2008/05/24(土) 04:20:06 | URL | [ 編集]
お久し振りでごわす。来月学校サボってそっち行くぜー!!
俺確実にめちゃくちゃなもん頼んでしまうから、スタバ以外は絶対ちゃっぴーと行くわ。
2008/05/25(日) 00:48:00 | URL | [ 編集]
ET
そろそろカフェソロ砂糖なしを飲みたい今日この頃です。

カフェ・ボンボンはうち(神戸)の店で一軒だけ出す(作る?)店がある。ただしコンデンスミルクは自分で入れる。しかもなぜかベトナム料理店。
2008/05/25(日) 03:05:34 | URL | [ 編集]
cherry
はじめまして、cherryといいます。突然のコメント失礼します(> <)

先週、海外に暮らす、または興味のある人を中心とした交流サイト「mayou(マユー)」を開設しました。

国内初、ブログ、ミニブログ、掲示板、ペタを合体した、メンバーみんなが注目されるエキサイティングな交流サイトです。ここで海外の体験をみんなと共有しませんか?

アドレスは http://www.mayou.com です。お時間のあるときにぜひのぞいてみてください!
2008/05/25(日) 17:53:19 | URL | [ 編集]
ちゃっP
>japonesiito
私はやっぱカフェ・コン・レチェだな~それ以外は飲めないよ。苦いし異常に濃いし・・・。
しかし!いつでもいいよ!カフェしに行こうー仕事は7時までだからそれ以降か、週末でもいいよ!もうすぐテストだね。大丈夫??

>唯ぽん
まじー!マドリードくるのー??いつからいつまでー?パエージャ食べに行こうよ~!!!コーヒーでもいいけどー

>ET
カフェボンボンはベトナムでも飲むのかね?
しかし神戸をうちって呼ぶなんて帰属意識がもう生まれている・・・!?神戸語はなすの?
カフェソロは日本でも飲めなかったっけ???日本じゃコーヒーなんてめったに飲まないからなー
2008/05/26(月) 05:35:14 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
HOME

■ マドリード

■ 最近の記事

■ 月別アーカイブ

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 ¡ ビバ・スペイン☆ビバ・マドリード生活! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ちゃっP(¡ビバ・スペイン☆ビバ・マドリード生活!)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。