¡ ビバ・スペイン☆ビバ・マドリード生活!
スペイン・マドリードのとある日本企業で働くOL1年目のブログ。スペインの生活、イベント、旅行、仕事、グルメ、トレンドなど現地発最新情報発信!

■ プロフィール

ちゃっP

Author:ちゃっP
ラテンな道つっぱしりたい!
大学でスペイン語を専攻、大学3年次にメキシコのイベロアメリカーナ大学へ留学。メキシコ人になりたくてしょうがなかったメキシコ大好き人間でしたが、大学卒業後は会社命令でスペインのマドリードへ。マドリードの某日系企業で2年間働きました。今は日本へ帰国、またラテンな道を模索中・・・。

↓勢いあまってメキシコ留学体験本を出版しました↓要チェック☆




■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック




*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

日本へ帰ります!!!!!!!!
日程は3月22日(土)~30日(日)まで!!
みんな遊んでプリーズ!日本へ帰るぜエントリーはコチラ
連絡はメールかmixiかfacebookかここか家電へ!

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | 【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | page top↑
ラストロ(マドリードのフリマ)でスペイン国王馬鹿グッツ発見!

スペイン l海外情報

今日は日曜日。

日曜日のスペインは最悪でほとんどのお店が閉まってます。やってるのはバル(バー)と映画館くらい。誰も働きません。でもそれでも買い物をしたいのなら、有名なのがマドリッドのラストロ。まぁいわゆる蚤の市で、メキシコでいえばティアンギスにあたるものなんだけど、マドリッドのラストロはスペイン最大、ヨーロッパでも有数の規模なんだとか。そんなラストロに今日友達といってきました。
毎週日曜日と祭日に年中無休で開かれるこの蚤の市、一日の来客数2万人だとか。ラティーナ地区(La latina)とカスコロ広場(Plaza de Cascorro)というマドリードの南の方の一番古い地区で開かれる。ラストロの始まりはなんとも15世紀にもさかのぼって(意欲に燃えるコロンブスのことを考えるとそんな頃から!?ってびっくりじゃない??)年に一回開かれていた家畜、農具市が時代を経るにつれ次第にそれ以外のものも売られるようになって18世紀には不要なものを交換したり、売買する市になったといわれる。

メインストリートは「皮なめし屋岸通り」(Ribera de Curtidores)と呼ばれるとおりで、多分ここら辺に昔はたくさんの皮なめし屋があったからだと思われる。11時頃にいったらもう人でいっぱいで竹下通りもびっくりの人人人。そりゃココ以外お店何もあいてないからマドリード中の人がここに集まっちゃったんじゃないかと思える程。(でもスペイン人は散歩が好きな民族で、お店が開いてなくてもグラン・ビアなどの大通りはいつも人でいっぱい)なんでも売っていて、しかも陳列の仕方が雑で安くて、何これ?ってあきらかに不良品ちっくな骨董品とか売ってるところがメキシコのティアンギスにそっくり!一部の商品は”バスから落ちたもの”(caídas de camión)と呼ばれつまり盗んできてここで売っているらしい。これもメキシコにそっくり。違うところはラストロは子供が店番していることがあまりない、音楽があまり流れていないこと(メキシコはそこら中で流れている)、一応カテゴリーに分かれて似たようなものを売っているお店は並んでお店がでていること。
nameshi

なめし皮岸通り

スペイン人だけではなく中南米(と思われる)人もたくさんお店を出していて、ルチャ・ドール(メキシコのプロレス)のTシャツやフリーダ・カルロ(メキシコ画家)のバック(コヨアカンが売ってるやつ)とかも手に入る。メキシコよりは値段が全体的に高いんだけど。

braga

下着屋。上にTバックが売ってるけれどそんなに伸ばして売たなくったってねぇ・・・

rj

友達。寒いので手袋買ってます。しかしこの汚い陳列の仕方!

ここの地域はちょっと治安が悪いことでも有名で、スリもたくさん、今日も警察がたくさんいたにもかかわらず「携帯電話でしゃべってたら変なおとこがポケットに手をつっこんできてすられた!」なんてものすごい顔して警察に訴えている人も見た。

そんな私は来客用にほしかったスリッパを2ユーロでゲット。その後買う予定になかったピーラーを3ユーロでゲット。日本のデパートみたく「こ~れ~がっすごいんですよ、セニョーラっ!」なんて実演販売してるからちょっと見てたら声かけられて、このすごさを証明するために実際に人参皮むいていいっていうからむいてみたらこれがすごい!スパスパ人参の皮が力なくむけるではありませんか!ちょっと感激した私はかなりの笑顔だったらしく「セニョリータ、そのピーラーはあなたの素敵な笑顔をいつももたらすんですよこのピーラーで無駄をなくして、貯金を増やしもっと笑顔に!」なんて口のうまいこといわれて、私も私でつい買ってしまった・・・。どこの主婦だよ。

そして他に気になったけど買わなかった売り物といえば!

porque no te callas !?とベネズエラ大統領ウゴ・チャべスに叫んだフアン・カルロス1世スペイン国王グッツ!(何の話さ?って人は11月21日日記参照)

pogque

Tシャツ

そして!よく見てほしいこの柄!フアン・カルロスらしき鼻のでかいキャラクターの横に書かれた文字は”Pogque no te callas"。本来なら"Porque no te callas"なのに!これはフアン・カルロス国王がこのようにしゃべるから、そういう風に書いたそうです。
私にはまだよく分からないけど、国王は鼻にかかった声でピホ(スペイン・スラングでお高くとまってるボンボンという意味。メキシコならフレサ)な話し方をするからだそう。

他にもCDを発見。しかも目玉商品だったらしくフアン・カルロス国王を真似た鼻声、発音でちょっと音痴めに(国王が音痴なのかは謎)「ウゴ、ウゴ、チャべス~ 君は黙ったらどうなんだね!?」というどうしようもない音楽がずっとリピートで流れてるし!国王を称えてるんだが馬鹿にしてるんだか分かんない!


古着やフリマが好きな人はラストロは行く価値があるかもしれない。でも、camcanとかが好きなピホの人にはあまりお勧めはしません。

そして!明日は12月31日!!!

風邪ひかないように、おそばいっぱい食べてよいお年をー!
スポンサーサイト











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
HOME

■ マドリード

■ 最近の記事

■ 月別アーカイブ

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 ¡ ビバ・スペイン☆ビバ・マドリード生活! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ちゃっP(¡ビバ・スペイン☆ビバ・マドリード生活!)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。