¡ ビバ・スペイン☆ビバ・マドリード生活!
スペイン・マドリードのとある日本企業で働くOL1年目のブログ。スペインの生活、イベント、旅行、仕事、グルメ、トレンドなど現地発最新情報発信!

■ プロフィール

ちゃっP

Author:ちゃっP
ラテンな道つっぱしりたい!
大学でスペイン語を専攻、大学3年次にメキシコのイベロアメリカーナ大学へ留学。メキシコ人になりたくてしょうがなかったメキシコ大好き人間でしたが、大学卒業後は会社命令でスペインのマドリードへ。マドリードの某日系企業で2年間働きました。今は日本へ帰国、またラテンな道を模索中・・・。

↓勢いあまってメキシコ留学体験本を出版しました↓要チェック☆




■ カテゴリー

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック




*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

日本へ帰ります!!!!!!!!
日程は3月22日(土)~30日(日)まで!!
みんな遊んでプリーズ!日本へ帰るぜエントリーはコチラ
連絡はメールかmixiかfacebookかここか家電へ!

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | 【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | page top↑
バスク地方で食い逃げ!

日記 l日記

うまい!うまい!うんまーーーーーーーーい!
スペインに来て良かったと一番思うときは食べている時。
スペイン料理はおいしい!日本ではそこまでメジャーな料理ではないけれど、パエージャ
以外にもおいしいものがたくさんあります。そんな中でもスペインの美食地帯と呼ばれている所。

バスク地方

グッケンハイム美術館
グッケンハイム美術館の前
paisvasco.jpg
サン・セバスチャンの町並み

ちなみに2006年版ミシュランガイドで、スペインの三ツ星レストラン5軒中2軒、二つ星9軒中3軒がバスクにある程。

もうこれは太ってもしょうがないでしょ!
12月7日、スペインは憲法記念日でお休み、プエンテなので行くしかないでしょ!
同期の麻里とバーモス!(←Let's goの意味)

P.S えじるか、ついに行ったよ!!!
ちなみにバスク地方は具体的にどこよ??っていうとスペインの北からフランスの南の部分にまたがる地帯でスペインなのにフランス的な空気を漂わせている。海があるため魚介類が豊富で、鱈を筆頭に、アサリ、アンコウ、イカ、蟹などもりたくさん。またこの地方はスペインの中でも独特な文化、言語を持つ。スペイン語以外に起源不明なバスク語を話す。語順は日本語と似ていてスペイン語とは全く異なった言語であるらしい。そんなんだからバスクにはETA(エタ)と呼ばれるバスク独立運動を唱え活動する過激なテロリスト達が存在する。記憶に新しい事件は2006年12月30日のマドリード、バラハス空港での自動車爆破事件。私がここに来た3月13日にもまだ空港とその隣に敷設してある駐車場の一部が爆発した後のままで工事していたくらい。ETAの名前はスペインにいてよく耳にするし、新聞でも目にする。

というのがバスクだけれども、首都ビルバオの街はそんな危ない雰囲気は漂ってなくて、フランスの影響か?むしろおしゃれ!地下鉄の看板や、切符ひとつにしても色使いがデザインっぽい。(ちなみに黒い看板にオレンジの色で書いてあった。)街のオブジェクトもマドリードはわしゃわしゃした衣類をまとったカルロス何世だのフェリペ何世の銅像が飾ってあるのに対し、幾何学的なオブジェクトが置いてありなんかモダンな感じ。

ホテルで麻里と合流し、死ぬ程お腹がすいたというのでさっそくバルへ。バルとはスペイン風居酒屋のことで、学校の後、仕事の後(合間も)、軽く一杯ひっかけにどこにでも存在する。バルでのおつまみをタパスといってこれも重要なお供。典型的なタパスといえば、生ハム、トルティージャ(スペイン風オムレツ)、海老のニンニク炒めなどなんだけど、ここバスクといったらそれにとって変わるものがpinxos(ピンチョス)と呼ばれるもの。これはハムや野菜をフランスパンの上に乗せたり、つまようじで刺して手で食べられるようにしたもので、どれもが一口サイズ。


街はどこにでもバルがある。もう迷っちゃう!どこも工夫をこらしたカラフルなピンチョスが置いてあり、見ているだけでも楽しい。マドリードはちゃんと寿司屋のカウンターと同じようにタパスはガラスのケースに入っているけど、こっちは丸いお皿の上にポーンと乗っているだけ。しかもそれが置いてあるカウンターでの立ち食べが基本スタイルだから喋りまくるスペイン人の唾も愛嬌でいくらか入ってるのかも・・・。お皿をもらい自分で適当に取る。私達はテーブルに座りピンチョスをつまむ。ここの名産のチャコリというお酒も頼みあ~幸せ。

bar

上からぶらさがってるのは豚の足!(薄く気って生ハムになります。)

さて、居酒屋のはしごというのはスペイン人もする技なので私達もはしご。お店をすーっと出て・・・あぁっ!会計するの忘れた!基本的に後払いでカウンターでお金払うからというと金額を言ってくれる仕組みで、すかり忘れてシンパ!(←sin pagar:シン パガール でお金を払わないということ)もうお店から出ちゃったし・・・。まぁいっか!(小声)

時は20時半、レストランが開店する時間になったので(スペインの夕食時間は20時半~23時くらい)レストランへ。ここではbacalao al pil-pil(鱈のピルピルソース)とternera a la plancha con foie(フォアグラつき牛ステーキ)を!鱈はここの名産、ピルピルソースとはオリーブオイルとニンニクを煮詰めたソースでスペイン料理っぽい味がする。ステーキのお肉は厚くて、それに岩塩を乗せて食べるのがバスク流。

carne.jpg
フォアグラつきステーキ!

やばい!超おいしい!レストランのあともカフェをしにまたバルへ。

次の日はサン・セバスチャンへ。観光もしたけどここでも目玉はバル巡り!色々巡ったがやはりお金はどこも後払い。人気のバルは人がカウンターにたかっていて頼めたもんじゃない。しかもこの寒い冬にテラスに座って飲んでいる人や、つまんでる人もいて、そのテラス精神に脱帽。しかし本当に混んでいるとかなり主張をしないと無視されてしまう。それぞれが好き勝手に素手でピンチョスをつまみ食べる。でもでもやっぱり不思議なこと。

どうやってお会計してるわけ?

こんなにずる賢い民族だし、絶対食い逃げしてる人もたくさんいるんじゃないの?刺さっているつまようじの数をかぞえてるのかと思えば、ささってないピンチョスもあるし、お皿だってくれないし。みんな素手てピンチョスをつかみそのまま口へ運ぶ。スペインでは床にゴミがたくさん落ちている方が繁盛しているというバルという考えがあり、スペイン人はつまようじや口を拭いたティッシュをバンバン床にすてる。私にとってその光景はちょっと興ざめなのだが、でもそれじゃあ食べた証拠がますます残らないじゃない!

麻里と私は頼みたいだけ頼み食べ、一瞬食い逃げしようかとも思ったけれど、やっぱりかなり食べたのでお会計をすることに。聞くと30ユーロねっとすばやく答える。
絶対うそだ!私達が食べてるのいつも見てたわけでもないし、覚えてられるはずもない。その上、計算が苦手で足し算しかできない民族がそんな早く計算するわけない!(スペイン人はおつりを引き算ではなく必ず足し算で計算する。)

レシートちょうだいね、といったら30ユーロとかかれた紙っきれを渡された。怪しく思った私達はピンチョスの値段をきくとどれもひとつ2.5ユーロだという。飲み物もいれ計算してみるとなんとなくそれくらいの値段でたしかにあっているようないないような・・・。

でも絶対にあいつら覚えてないって!本当にこの会計の仕組みが謎なのだ。

modarn.jpg

モダンなピンチョス。カマンベールチーズを長ネギでまいてあたためたもはやアート!

modarnpincho.jpg

チョリソのクレープの皮つつみ、チーズとハムを揚げナスでくるんだもの
スポンサーサイト

E.T.
ピンチョスのあの棒みたいなやつがそれぞれ違って、それで値段決めてるんだよ。
でも2.5は高くないか?普通1.5くらい(半年前の値段)だったと思うんだけど…
でも2人で30ユーロはどんだけ食べたかわからないけどたぶん妥当。ワイン以外の酒は高いから。

ちなみにサンセバの写真が、3年前に私が滞在したところのすぐそばで面白かった。ひとこと声かけてくれれば、私の知り合いに電話しておいたのにー。おいしいお店とか教えてくれたと思うよ。
パルテ・ビエハのあたりがご飯おいしいけど高いんだよねー

バスクは全体的におしゃれなんだよね。
フランスとスペインのいいところが混ざってて。
オンダリビアという国境の町に行ったことがあるんだが、
そこの教会でフランス風とスペイン風とバスク風の様式両方が入ってて、すごくよかったよ。
天気よくてきれいだったし。
でもバスクは日本からだとアクセス悪いししばらく行けねえなあ。

食い逃げは私も一回あります@サンセバ。気にすんな。
2007/12/22(土) 15:45:44 | URL | [ 編集]
michel
ユー ビーガールっぽくない?
2007/12/23(日) 14:48:15 | URL | [ 編集]
ちゃっP
>E.T

1回どころの話しじゃないよ。笑きゃーもう時効時効っ。あんた私がお酒飲まないの知ってるでしょ!私の友達もそんなにガパガパは飲まないよ。

いつもパルテビエハでタペアールしてたよ~だってそこ以外あまり見るところなくない?冬だから海もいけないしー。

オンダリビアは行ってないなー。

そして!マドリードはアクセスがいいんだから早く来なさい!!!

>michel
まじで?ビーガールっぽい?まぁ日本にいたときも髪の毛黒くしてからいつもビーかサーファーといわれていましたけど・・。ってか服の色がたまたまビーっぽいんでしょー。しかしパパにデブ!て言われたんだけどどう思う?太ったかなぁ・・・?

2007/12/26(水) 09:13:18 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
HOME

■ マドリード

■ 最近の記事

■ 月別アーカイブ

■ RSSフィード

■ リンク

このブログをリンクに追加する


copyright 2005-2007 ¡ ビバ・スペイン☆ビバ・マドリード生活! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ちゃっP(¡ビバ・スペイン☆ビバ・マドリード生活!)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。